だるま日記 

飽きるまで続けます

何というか学生時代割と変わったというかそんなことをしてきたような気がするが

 

社会ではそんな変わったことなんて必要とされていなくて

 

変わったことが求められる環境に恐れをなして諦めたということは

諦めるということはただこれまでやってきたことを辞めるということを意味するだけではなく

これまで忌み嫌ってきた"普通"に適合する努力が始まるということを意味していて

それは大変つらいし

そういう環境での周囲の人々というのはその"普通"に適合し

その価値観を持っている人々なので

会話をするのも大変つらくて....